ゲン担ぎは、小さいころはよーくやっていた。

特に数字に関するゲン担ぎは、ほとんど常時やっていたと思う。

 

たとえば道を歩くときには、歩数を数えて、

いつからか自分の中のラッキーナンバーと認識していた、

3や5、8の数字を、繰り返し数えていた。

 

横断歩道を渡るときは、なるべく8歩で。

むずかしければ、8歩+3歩で。

あと、帯の上だけを踏むようにするのも大事。

 

何か音がして振り返ったら、

もう2回振り返って、合計3回にする。

 

首がかゆくて掻いたら、あと2回掻いて合計3回にする。

 

何か意味があるのか。

 

答えはわからない。

世間一般の御守りや、ジンクスなど、

人知を超えたところで何かが働いているのかもしれないし、何もないのかもしれない。

 

だけども、ひとつだけ言える確実な効果は、

 

 

人生に対して、謙虚になれる、ということ。

 

ゲン担ぎのアクションというのは、

ちょっとした手間、面倒くささ、が伴うものが大半だろう。

 

それでもそのアクションをすることで、

そういう自分に微かな自信がつく。

 

そのアクションそのものに仮に意味がなくても、

ちょっと煩わしいことをやることによって、ほんの少しだけ自分が鍛えらえる。

忍耐力、胆力がつく。

 

それを積み重ねていくと、自分の、生に対する真摯さ、という点での自信がつくのだと思う。