intrptn.png

今、社内でソフトウェア開発プロセス改善のための試みをやっている。

できれば、もっとアジャイルに開発を進められるようにしたい、と願っている。

基本的には、

  • 新しいアイデアを組織に導入するためのパターン

のようなアプローチが良いような気がしている。

で、今年度中に、社内で「大きなイベント (Big Jolt)」を一つやる予定。言うほど大したものじゃないが。

新しいことを取り入れようとするときには、やるべきかやらないべきかを議論し結論が出るのを待つより、実際に少しずつでも参加・体験してみて (してもらって)、そこからフィードバックを受けた方が良い。

つまり、ウォーターフォールでなく、アジャイルに進めるのが良い。

それにしてもこの取り組み、中々先に進まない。

何かが不足している。

解決方法を見出すことにばかり焦って、問題をきちんと分析しないのが原因なのか。