☆おうちにロボ(非猫型)がやってきた!!微妙にカラーの扉つき!!超特別ギャグ読切24ページ!!

だいたい見開き(2ページ)ごとの一言的感想です。手元にジャンプがあれば、追って読んでみてください。
ページ数が偶数だから、変な感じのスタートに思えるな。アオリ文がはっちゃけすぎwww。「ときの声」が面白いwww。


細かいテキストネタが楽しい。。。明らかに、あのゼミを意識した感じだが??これまでの読切に比べると、思い切ったコマ使いな希ガスな。


お母さんが、えらくのんびりした人ですね。。。楽しい。「なのら」が面白い。そして、ドーナツをスルーする感じがwwwテキストネタが面白いな。


ゼミの闇がなんだかリアルに感じるのだが…。「原稿間に合う?」と書いてあるような…。ネームのネタは面白いけど、フリの説明が必要になる感じもするな…。偏見がおもすろい。


むむ?メカペン先生は、机に変形したのかな??お母さんが、どんどんとドーナツを食べとる。ポンデリング…だと…?!


一週間で24ページの原稿は、結構、つらいだろうな…。ゴーストの囁きは…子どもが『嫌い』な方の囁きなのでは…。老人Zって何かしら?


一津木先生の表情をどこかで観たような??何かのオマージュかな??多分、この進研ゼミのあるあるシーンの逆を描きたい作品だったんだろうなぁ…。


千々石ミゲル???マニアックだ。テストで一度も書いたことないような…。その他児童が妙に可愛いけど、黒田先生以外の筆かしら??べぽらっぷwww。


展開が読めない…。テストの回答が面白い…。これは、闇対光の物語とか、そういうことかな???


どこうぼ…。ちょいちょいと豆知識が…。タイトルになっているキャラの方が、敵というのは、面白いかも知れない。


良いシーンぽいけど、よく分からん。シュールだ…。勉強を楽しんでする人もいると思うけど??


テーマ性があるようにも思えるけど、ギャグ優先にも思えるな…。

次号から、新連載第一弾!!田畠裕基先生の「ハングリージョーカー」がスタート!!読切ラッシュも終了ですね。